対象年齢から探す│ロボサーチ記事一覧

小学校にあがるまでの年齢(3~6歳)のお子さんは、ITやプログラミング思考に慣れることから始まります。当然年齢的にもパソコンを使えない文字認識が難しいお子さんが多数のため、プログラミング言語など難しい言葉は一切使わず、プログラミング用の知育絵本やシンプルなプログラミングトイを使って遊びながら学んでいきます(教室によっては、入学条件を「ひらがなが読めるお子さんであること」といった条件を設けているとこ...

小学校の授業で学ぶプログラミングは、「ITに精通していない教師が授業を受け持つ」、また「自治体ごとに学習内容や授業時間がまちまち」といったことから、「ITに触れる」というさわりの部分しか体験できません。そのため、しっかりとしたITスキルをお子さんに身に付けさせたいなら、民間のプログラミング教室で学ばせるのが賢明です。小学1~2年生といった低学年のお子さんの場合には、まだまだ本格的なプログラミングを...

中学生以上のお子さんの場合、プログラミング教室でプログラミングを学ぶという経験を通じて、社会に出てから必要となる「問題解決能力」や「論理思考能力」をしっかりと身に付けることができるようになります。中には企画書や設計書を作成するといった大人顔負けのところもあり、社会人顔負けのカリキュラムが提供されているプログラミング教室も。小さい頃からパソコンやタブレットに触れてきた世代のお子さんにとって、プログラ...